私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

BMI指数の罠

前回の続きです。しかし、このBMI指数もあくまで目安であって、「絶対」ではないのです。BMI指数が「標準」や「やややせている」といったところにあっても、本人が「太っている」、「太ももが○センチもある!」と思えば、それは「理想」ではない。もちろんこの数字だけですべての体型を言い表せるわけではありません。数字が標準でも、ジーパンやレギンスなどのぴったりとした物をはくと、「太ももがきつい」、「お尻が入らない」ということがよくあります。

 

全体的に見て、そう「太っている」というほどではないが、部分的にサイズが大きい、BMIの数値は「肥満」というほどではない……だけど、「何かきつい」。服を買う時にそれは顕著に表れますね。私がそうです(笑)。

 

ウエストを測る女性

首や肩回りは問題ないのに、二の腕が窮屈とか(^^;) ジーパンやスカートの試着時も、ウエストサイズは問題ないのに、「太ももでつかえる!」、「お尻がもうちょっと入らない!(>_<)」とか……。切ない現実です。だけど、こういう細かなところはBMI指数では出て来ません(笑)。

 

BMI指数はあくまでも、その人に「脂肪」がどれくらいあるのか、といったことを相関的に表すだけであって、全身のサイズまで気にしてはくれないのです(^^;) 部分的な脂肪の量までは分かりません。肥満かそうでないかの指標にすぎないのです。ダイエットの目安と言うより、「生活習慣病の目安」ですね。

BMI指数の罠関連ページ

そもそもなぜ太るのか?
そもそもなぜ太るのか?について説明しています。
脂肪は使わなければ減らない
脂肪は使わなければ減らないことについて説明しています。
糖分はエネルギーの源
糖分はエネルギーの源であることについて説明しています。
標準体重とは
標準体重を割り出す方法について説明しています。
数字を気にしすぎないで
BMI指数の数字にとらわれる必要はないことについて説明しています。
脂肪を減らすのがダイエット
脂肪を減らすのがダイエットであることの説明をしています。
月に1kg〜3kg落とすのが理想
月に1kg〜3kg落とすのが理想であることについて説明しています。
体重計に乗るのは
一日の中で体重を測るタイミングについて説明しています。
焦る停滞期
ダイエットにつきものの、「停滞期」について説明しています。
本当のダイエットとは
本当のダイエットについて説明しています。
ご飯を食べずに代わりにおやつ
「ご飯を食べずに代わりにおやつ」はよくないことについて説明しています。
ご飯やパンから作られるブドウ糖
ご飯やパンから作られるブドウ糖について説明しています。

このページの先頭へ戻る