私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

数字を気にしすぎないで

「BMI指数の罠」でお話しした通り、BMI指数はあくまで目安にすぎません。ダイエットだけではなく、生活習慣病などの病気にかかりやすい体脂肪率の目安としてのものです。いきすぎた肥満は病気になります。BMI指数22が標準で、最も病気になりにくいのがこのレベルです。

 

ですから、BMI指数がダイエットにとって「絶対」の数字ではないんですね。この数値にとらわれすぎて、標準以下、やせすぎレベルまで落とそうとすると、今度はかえって病気になります。下手をすると、拒食症などの恐れもあります。

 

ちなみに、BMI指数から標準体重を割り出すのは、先の例でいくと、「身長1.56×1.56×22」という式になります。出た数字がその人の標準体重ということになります。

 

体重計の数字もそうですが、あまり「数字のみ」にとらわれないほうがいいようです。数字を気にするなら、サイズの数字を気にしたほうがいいと思います。そのほうが全体的にきれいにやせられるのではないでしょうか(^^)

数字を気にしすぎないで関連ページ

そもそもなぜ太るのか?
そもそもなぜ太るのか?について説明しています。
脂肪は使わなければ減らない
脂肪は使わなければ減らないことについて説明しています。
糖分はエネルギーの源
糖分はエネルギーの源であることについて説明しています。
標準体重とは
標準体重を割り出す方法について説明しています。
BMI指数の罠
BMI指数の罠について説明しています。
脂肪を減らすのがダイエット
脂肪を減らすのがダイエットであることの説明をしています。
月に1kg〜3kg落とすのが理想
月に1kg〜3kg落とすのが理想であることについて説明しています。
体重計に乗るのは
一日の中で体重を測るタイミングについて説明しています。
焦る停滞期
ダイエットにつきものの、「停滞期」について説明しています。
本当のダイエットとは
本当のダイエットについて説明しています。
ご飯を食べずに代わりにおやつ
「ご飯を食べずに代わりにおやつ」はよくないことについて説明しています。
ご飯やパンから作られるブドウ糖
ご飯やパンから作られるブドウ糖について説明しています。

このページの先頭へ戻る