私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

食事の量を腹6分目に

減らし方の続きです。減らし方と言っても、ただ「食事の量」を減らすだけですね。腹6分目に。ですが、しょっぱなからいきなり「6分目」まで減らすとかなり空腹感に苛まれて、えらくひもじい思いをしてしまいますので、本来の「腹八分目」から始めたほうがいいです。「九分目」でもいいかも。

 

とにかく、まずは食事量を減らして、その物足りなさに慣れることから始めましょう。いきなりトップを目指してはいけません。つまずいてこけちゃいます。こけると痛いです。痛い思いをすると、気持ちがめげます。ダイエットを始める前からやめてしまっては意味がありません。気をつけましょう。さて、それでは「腹6分目ダイエット」のはじまりはじまり〜。

 

というところで、1つ、言い忘れていました。この「腹6分目ダイエット」、減らす食事は夜ご飯だけです。夕食のみです。三食すべてを減らす必要はありません。それではお腹が空きすぎて続きませんから。巷の一品ダイエットと変わりのないものになってしまいます。このダイエットのコンセプトは、「健康的にやせて綺麗になろう♪」ですからね(^^) あと「手軽に」(笑)。

食事の量を腹6分目に関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る