私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

やせることを慌てないで

「夜ご飯だけ」食べる量を減らします。何と言うか、一言で説明が終わってしまいましたね。まあ、やり方と言っても、本当にこれだけなのですが。あとは、おまけで理屈がついてくるくらいで…というわけで、理屈編です。

 

もともと夜は活動量が少ないため、日中ほどのエネルギーを必要としません。一日の仕事が終われば、あとはお風呂に入ったりして体を休め、心身ともに休息をとる。翌日に備え、そこで多少のエネルギーを補充して眠りにつくだけ。そう考えると、夜にしっかり食べることはエネルギーを余らせるだけです。動かなくて減らなかったエネルギーは、ありがたくないことに律儀に身に付いてくれます。それが余分な脂肪になるわけですね……。と、ここで「腹6分目ダイエット」の出番です!

 

その余剰なモノを身に付かせないために、「腹6分目」なのです!以前から「腹十分目」以上に食べていた人なら(ついつい食べちゃうんですよね)、まず「腹八分目」にしただけである程度の脂肪は落ちます。余剰分がなくなりますから。しかし、だからと言って突然、一気に減らすと、恐ろしいほどの飢餓感に襲われますから、そこは重々お気をつけください。挫折の元です。

 

このダイエットは、のんびり気長にやる「腹6分目ダイエット」なのです。その分、手軽であんまり我慢もしなくてよくて、おそらくはダイエットによるストレスも少ないと思われます。やせることを慌てないことだと思います。私の経験上で申しますのですが。お気楽に。

やせることを慌てないで関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る