私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

まずは1週間

ご飯を腹八分目か腹九分目に減らした後は、1週間ほどでちびっとの物足りなさに慣れてくると思います。それまでは少々、我慢が必要だと思いますが。そこは意志の力を振り絞って、「食べたい」感情に対抗してください(笑)。

 

まずは慣れること。そして、少しずつ。1週間が過ぎて、少なさに慣れたら、第二段階。さらにそのまま、八分目か九分目を継続します。体を慣らしましょう。それが大事です(^^) 体が順応しないまま、次の段階に行くと、「恐怖のリバウンド」がやって来ます。元の木阿弥です。1週間の努力が台無しですよ……。

 

ちなみに、おかずやご飯の量をしっかりと目で見て、脳に覚えさせるのも有効かもしれません。「脳はだまされやすい」と言いますから、視覚での認識をそのまま受け入れてこういうもんだと納得するかもしれませんよ(笑)。そうなったら、体が勝手に食べる量を抑えてくれるので楽ですね(^^) 自分でも、食事の量を「これだけ」といちいち目で見て確認するクセをつけるといいと思います。複雑怪奇な脳は、意外と単純です(笑)。

まずは1週間関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る