私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

朝昼は普通の量で

「朝昼は普通の量で」と言うより、満腹に食べてもオッケーです♪朝はもちろん、昼食もその後は活動しますから、お弁当5人前をペロリとたいらげる、とか無茶な食べ方をしない限り、そうそう影響はありません(^^;)

 

お昼に麺類を食べる場合はご飯と合わせるより、野菜の煮物や炒め物などの副菜を合わせた方が、糖分の摂取が少なくて済みますし、野菜不足も補えます。麺類とご飯を合わせると、どうしても野菜不足になりますから。野菜たっぷりの麺類におにぎり1個程度のご飯は、たまになら大丈夫ですね(^^)

 

「それではもたないよ!」とおっしゃる方は野菜のおかずをたっぷりと食べましょう。野菜は満腹になり、なおかつ腹持ちもいいです。きんぴらこぼうの小鉢を食べるとか、じゃこの入った大根おろしの小鉢とか。青菜の煮物、かぼちゃや高野豆腐の煮物とか、鶏の唐揚げにほうれん草のおひたしとかいいですね♪根菜たっぷりの筑前煮とか。メインにたんぱく質を持って来たら、脇には野菜を揃えましょう♪時々は具だくさんのお味噌汁に、どかっと一品、丼物なんてパターンもありですね。そこにちょこっと白菜のお漬物が付いてたり(^^)

 

夕食を、ゆくゆくは「腹6分目」に減らすことを考えたら、朝昼の食事で野菜をとれるようになれるといいですね。そういうバランスを考える習慣が身に付くと、食べる楽しみも増えます♪今日のメインには何を合わせようかなあ、と(^^)

朝昼は普通の量で関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る