私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

低栄養にならないように

量を減らそうとするあまり、摂るべき栄養素まで減ってしまっては大変です。このダイエットのコンセプトである「綺麗にやせる」に反してしまいます(^^;) 夜のみでも、食事量を半分以下には減らさないこと。ご飯は最低でもお茶碗に半分です。早くやせたいからと一口程度にまで減らしてはいけません。

 

ご飯も体には必要なものなのです。炭水化物というエネルギー面だけではなく。野菜や肉類も当然のことながら、体には必須です。食べ過ぎるのは良くありませんが…。おかずもお皿に3分の1の量は盛りましょう。

 

野菜が苦手な方なら、お味噌汁に入れたり、細かく刻んでスープにしたりして食べるのもいいですね(^^) 肉類は拳1つ分にして少なめに。ハンバーグだったら、「半分」か「小さめを1個」ですね。

 

おかずのお皿の数は増えても、その中身は「3分の1まで」が限度。品数が増えれば、当然食べる量も増えますからね。そんなふうにして全体量のバランスを取るといいと思います。

低栄養にならないように関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る