私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

2週間が過ぎたら

だいぶ腹八分目、九分目に慣れてきた頃だと思います。鵜の目鷹の目で家族のおかずを狙うこともなくなったのではありませんか?(笑)

 

次の段階は「7分目」です。一気に6分目にいっても大丈夫な方は、そのまま「6分目」まで突っ走ってしまいましょう。もしも空腹感が強ければ、「7分目」に戻るのもオッケーです(^^) ある程度、少ない量でも平気になっているはずですから、それほど飢餓感はないと思いますが、それまで何人前も食べていた方は、まだちょっと我慢が必要かもしれませんね。その場合はしばらく「九分目」にとどまっていたほうがやりやすいのではないでしょうか。

 

とにかく「焦らないこと」と「結果を急がないこと」です。体質改善でもしていると思って、のんびり食事を楽しみましょう。ダイエットと言うより、「断食」の精神のような気がしないでもないですが(^^;) 「心頭滅却すれば、火もまた涼し」――ちょっと違いますかね(笑)。

2週間が過ぎたら関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る