私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

最後の段階では

2週間以上が過ぎ、そろそろ1ヶ月に差しかかる頃、お腹は少ない食事に慣れているはずです。「腹6分目」にしましょう♪

 

ここまで来たら、物足りなさはなくなり、食べ過ぎた時のお腹の苦しさを思い出して、いやな気持ちになるくらい精神的に余裕が出ているのではないでしょうか。お腹いっぱい食べた時の満腹感は幸せですが、時間が経つにつれて、今度ははちきれんばかりに苦しくなります。私はそうです(笑)。そして、「食べ過ぎた」と自己嫌悪……。人間はなかなか面倒な生き物ですね(笑)。

 

6分目まで減らしてそれに慣れると、人間、胃が小さくなるようです。以前と同じ量を食べると、満腹感よりも胃が破裂しそうな感覚のほうが強いです。ふくらみすぎた風船が割れるようなあの感じ。それが自分の胃袋で感じられます。なかなかシュールな体験ですね(^^;) あまり嬉しくない感覚なもので、私はその感覚を回避しようと食べる量が自然に減りました。

 

はちきれるほど食べることがなくなったのです。胃が痛いような感じなのでいやになるんですね、個人的に。でも、何かの事情で一食分を食べそこねると、次の食事ははちきれそうなほどに食べてしまうこともありましたが(^^;) 食事抜きは良くないです。気をつけましょう♪

最後の段階では関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る