私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

前向きな姿勢で

「○○しない」という否定ではなく、「○○しないようにしよう」とか「○○するようにしよう」という肯定の姿勢で臨むとストレスも少なく、ダイエットを続けられるのではないでしょうか。

 

あれもこれもダメ、と制限を多くきつく縛り上げていると、それだけで心が疲れてしまいます。食べたい欲求を抑え込むのに疲れ、ある日とうとう我慢が切れてしまい、反動でドカ食い。たがが外れて、「ダイエットなんてもういいや!めんどくさい!」ってなってしまう。

 

それを防ぐには、「食べちゃダメ」と我慢するのではなく、「これくらいの量なら食べていいことにしよう」とか「週に1回だけにしよう」とか自分自身に制限をゆるくしてやればいいのではないでしょうか?おやつも絶対ダメに、と決めつけないで、週に1回くらいならいいんじゃない?そこでたがを外しちゃいけませんが(笑)。

 

もしも決めた以上の量を食べてしまったのなら、そこは臨機応変に対応しましょう。自分を責めて自己嫌悪に陥るのではなく。「あーあ、食べちゃった……。でも、食べちゃったものはしょうがないよねえ(^^;)」と反省しつつ、戒めとして、次回のおやつはナシにするとか半分にするとかにして、ある意味、開き直りましょう(笑)。

 

自分が食べることを否定しないで、食べることを肯定してその中で量と欲求の調節をしましょうよ♪その方が楽ですよ、きっと(^^)

前向きな姿勢で関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る