私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

うっかり食べても気にしない!

ダイエット中、誘惑に負けて、ついつい手が出てしまった……。「あの一口を止められていたら後悔なんてしなくて済んだのに!」なんて考えて、食べてしまった自分に地団駄を踏む、なんてことはありませんか?私の場合、しょっちゅうありました(^^;) 我慢をし続けて、ちょっと疲れてきた時なんかに、割と。

 

そういう時、「あーあ、食べちゃった……」と思って自分にがっかりしますが、すぐに割り切って(開き直りとも言う?)、食べちゃったものは仕方ない、とすっぱりと切り替えます(笑)。食べたことをぐじぐじと悔やんでいても、その心の状態の方がうっとうしくなって嫌になりますから(^^;)

 

無駄にくたびれるようなことはしない。過ぎたことは仕方ない。できなかった自分は、明日もいつもの自分なのだ。今日できなかったら、明日できるようになればいい。明日もできなかったら、あさっての自分に期待すればいい。それでもできない自分なら、そんな自分はほっぽって新たな自分を生み出せばいい。

 

明日は明日の私になる! 明日は明日の風が吹く!

うっかり食べても気にしない!関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
たとえばこんな献立はいかが?
献立を考えるのが面倒な時のレシピについて説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る