私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

たとえばこんな献立はいかが?

ちょっとダイエットの主旨から外れるかもしれませんが…。いつも一汁三菜で(二菜でもいいですが)食事を考えていると、献立が面倒くさくなってきますよね。だから、たまに丼物などの一品ものになってしまったりしませんか。お鍋とか、うどんとご飯とか、簡単なレトルトのカレーライスだけとか、パスタとか…。

 

分かります。毎日のことですから疲れてくるんですよね(^^;) それでさらにダイエット用の献立を考えてたら、頭がパンクしてしまいます。そんな時、肉か魚と、野菜中心の副菜という献立が面倒くさければ、とにかく野菜たっぷりの「何か」をこしらえるんです(笑)。

 

丼物も野菜の多いレシピを選んで、パスタなら「どこにスパゲティがあるねん!?」ってくらい野菜で埋め尽くしたレシピで、うどんやラーメンも麺より野菜の方が多いじゃん……というくらい野菜で支配します。そう、支配です(笑)。キャベツにニンジン、ピーマン、玉ねぎ、白菜、レタス、小松菜、ほうれん草、水菜♪ブロッコリーにカリフラワー、セロリにかぼちゃ、大根やレンコン、さつまいもなどの根菜類も。とにかく作ろうとするその料理に合うものなら何でも(^^) 手軽なのは「ヘビーリーフ」です。まだ若い芽のうちに間引きしたもので、小さいながら本来のものと同等の栄養があります。水でサッと洗ってそのままサラダにして食べられますし、お味噌汁やスープの具にも使えます。青菜特有の青臭さもなく、おいしいし、便利ですよ(^^) いつも冷蔵庫に常備していたら、朝、パッとサラダにして出せます。あまり野菜を入れられないようなレシピなら、サラダや煮びたし、和えもので包囲する。ゆでただけの野菜に少々の塩を振ると、野菜の甘みが引き立てられて美味です♪参考になりましたら、どうぞお試しくださいませ(^^)

たとえばこんな献立はいかが?関連ページ

具体的な減らし方
食事の具体的な減らし方について説明しています。
食事の量を腹6分目に
食事の量を腹6分目に減らす方法について説明しています。
やせることを慌てないで
痩せることを慌てないことの大切さについて説明しています。
まずは1週間
まずは腹8分目を1週間継続して慣れていくことについて説明しています。
朝昼は普通の量で
朝食は普通の量、もしくは満腹でもよいことについて説明しています。
低栄養にならないように
低栄養にならないためのポイントについて説明しています。
2週間が過ぎたら
2週間が過ぎて次の段階に入ることの説明をしています。
最後の段階では
2週間が過ぎ1ヵ月に差しかかる頃には腹6分目に切り替えるという説明をしています。
前向きな姿勢で
ダイエットに取り組むための姿勢について説明しています。
うっかり食べても気にしない!
ダイエット中の誘惑の対処法について説明しています。
大皿に盛るのをやめる
大皿に盛ることの注意点について説明しています。

このページの先頭へ戻る