私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

基礎代謝というモノ記事一覧

生きてるだけでエネルギーを使います

眠っていても、人間は心臓を動かし、呼吸をし、内臓は消化吸収に忙しく、脳は日中の情報処理に追われます。起きてじっとしていても、筋肉は熱を作り出して体温を一定に保ち、心臓も肺も生きるために動いています。全身でエネルギーを使っているのです。それが「基礎代謝」です。人間のエネルギー消費量は、その基礎代謝が7割を占めているそうです。だから、運動で消費するエネルギーは、実は大したことはないのだとか。たとえば1時間以上、一日に一万歩を歩いても、おにぎり1個分程度の消費にしかならないそうです。ジョギングも水泳も大して差はないとか。運動したという満足感で、帰りにケーキなどを食べて帰ったら、せっかく消費したそのカ...
続きはコチラ

筋力アップがイコール代謝アップ!

では、基礎代謝を上げるにはどうすればいいのか。「筋肉を作ること」です。体の中で一番エネルギー消費が大きいのは「筋肉」です。筋肉が熱を作り出すことで人間は恒温動物でいられるわけですから、その筋肉の活動量は半端なものではありません。筋肉を動かすことでもかなり消費します。つまり、筋肉自体が「大飯食らい」なのです(笑)。日常のささいな動作でも筋肉は使われますから、ダイエットではとにかく動くことを意識するようにすればいいのです。わざわざジムに行ったりしなくても日常生活の中で十分です(^^)洗濯物を干す時、掃除機をかける時、料理中に鍋を取る時など、しゃがんだり、背筋を伸ばしたり、腕を肩より上に上げたりと、...
続きはコチラ

しっかり歩いて太りにくい体を目指そう

基礎代謝を上げるには筋肉を鍛えるのが一番です。でも、運動の苦手な人はそれだけでうんざりするのでしょうか。ならば、歩くだけなら?最初は大変かもしれません。でも、一番手っ取り早いのは歩くことだと思います。やるために通わなくていいし、道具もいらないし、買い物のついでにできるし。「タダ」だし(笑)。荷物が重いとそれだけで筋トレにもなる。一石二鳥ですね!いきなり一万歩は大変ですから、とにかくちょこまかと歩き回る習慣をつけるといいですよ(^^)歩くことが目的でそれのためだけに出かけていくのは面倒なものですが、用事を済ますために出かけていくなら、歩くのも面倒に思わないんじゃないでしょうか。買い物行って、銀行...
続きはコチラ

中年太りとは

基礎代謝が落ちてなお、昔と同じように食べてしまった結果のこと。つまり、10代20代とは違って、30代になると基礎的なエネルギーの消費量が減るわけです。若ければ、どんなに食べても生きているだけで体が消費してくれていましたが、30代に入ると、そのエネルギー燃焼工場は1つ、また1つと閉鎖していくわけです。成長のために使っていたエネルギーは必要なくなり、成人した体は活発な代謝活動はしなくなります。足りなかったエネルギーは今度は足りすぎて余るようになります。それが今度はお腹につきます。それに気づかずに、昔と同じように食べていると、お腹が着実に脂肪にまつわりつかれます(^^;) いわゆる「中年太り」という...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る