私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

ドカ食いをしなくなる

と言うより、できなくなります。以前より胃が小さくなりますから。腹6分目ダイエットをする前のように、たくさん食べようとしてもそこまで食べられません。その数歩手前で「胃のはちきれるような」感覚を覚えます。物理的にこれ以上は食べられない、となるんです。

 

普通の丼物を食べるだけでもそうなりますから(笑)。天丼なんて食べたら破裂するかと心配になりますよ(^^;) もともとたくさん食べていたような人は、それでも普通の量になるだけでしょうが、それでもその人にとっては「少食」となりますよね。だけど、少なくなっても「足りない」ということはない。もう胃がその量に決まってしまっているから。

 

もちろんまたたくさん食べ出したら、少しずつ胃が広がっていって元に戻るでしょう。しかし、元に戻るのにはいくらか時間がかかるはずです。一気に落とした体重と違い、時間をかけて小さくなった胃袋ですから、いきなりゴムが伸びるようにはいきません。

 

新品の風船はふくらまそうとしてもすぐには広がりませんよね。何度か空気を入れてほぐさないと、本格的にふくらますことはできません。人間の胃もそれと同じではないでしょうか。

ドカ食いをしなくなる関連ページ

食費が浮く?
腹6分目にしたら食費が浮く、という当たり前のことについて説明しています。
ベルト穴が増える
腹6分目ダイエットで内臓脂肪を減らすことについて説明しています。
朝ご飯がおいしい!
腹6分目ダイエットをすると朝ごはんが美味しいことについて説明しています。
栄養を考える
必要な栄養はしっかり摂ることの大切さについて説明しています。
すっきり一回り♪
腹6分目ダイエットをすると、筋肉を保ったまま、無駄な脂肪だけが落ちる。その素晴らしさについて説明しています。

このページの先頭へ戻る