私のダイエット体験記 | 手軽にできる腹6分目ダイエット

習慣の改善?記事一覧

食事日記を付けよう

普段、どれだけ食べているかを知るために、食事日記を付けるといいです。意外と自分では分からないようで、食べていないつもりでも、結構何かしら口にしていたりするんですよね(^^;) しかも、無意識に……。食事日記には、食べた物(料理名や食品名)、食べた時間、どこで誰と食べたか、などを書くといいのではないでしょうか。自分自身の生活習慣も分かりますし、どんなタイミングで食べたくなるのかも分かります。口にした物すべてを書き出すといいです。ジュースやお茶などの飲み物もすべて。それが間食を防ぎ、食べ過ぎを防ぐ手立ての一つになります♪改善するには、まず自分の食習慣を知らないと手の打ちようがありません。好きな食べ...
続きはコチラ

なぜ太ってしまったのか

太ってしまったことには何らかの理由があるんです。何の理由もなく、ある日突然、太ることはありません。病気などの場合を除いては…。太るということは、要するに「食べ過ぎている」ということですね。では、なぜ食べ過ぎるのか?よくあるのが、「食べ残しをもったいないと食べてしまう」こと。そして、テレビを見ながら雑誌などを見ながらの、「ながら食い」、夜ふかしゆえに小腹が空いて、ついつい食べてしまう「夜食」。そこに食べ物があると手が伸びてしまったり……。ストレス解消にドカ食いしたり……。間食がクセになっていたり……。要するに、食習慣が乱れている、ということでしょうか。お腹が空いていないのに、そこに食べ物があるだ...
続きはコチラ

食生活の改善とライフスタイルの変化

ダイエットの前に、食べた物と生活行動の記録を付けてみるといいと思います。とりあえず1週間だけでも。生活スタイルを見直し、どこに太る原因があったのかを突き止めるために。時間ごとになるべく詳しく追っていきましょう。自分が何を食べて、どう行動していたのかが分かります。そうすると、「なぜ太ってしまったのか」が見えてきて、どこを改善すればいいのかが分かります(^^)間食が多かったり、調理中のつまみ食いが多かったり(笑)、歩いて行けるのに駅までバスやタクシーを使ってしまったり。階段やエレベーターを使ったか、使ってないか。体を使った家事はどれくらいの時間やっているか、など。自分の足を使ってないなあ、という気...
続きはコチラ

意識して食べる

無意識なのが一番、良くないことですね。三度の食事でも、おやつでも無意識に機械的に口を動かしていると、食べた気はしませんよね。お皿の中身が、袋の中がいつの間にかなくなっているから、満足感がなく、どうしても「物足りないな。もうちょっと食べたいなあ」という欲求が湧いてきます。そして、食べ過ぎてしまう。「ながら食べ」は良くないです。私もさんざんやって、食事はちゃんと集中して食べるのがいい、と気がつきました(^^;) 本当に食べた気がしないんですね。だから、もっと欲しくなってしまう。おやつを食べるのでもそうです。食べることを意識して集中してないから、たくさんの量をあっという間に食べてしまう。それでもやは...
続きはコチラ

まとめ食いは肥満のもと

一日二食で、その都度ドカッと食べてはいませんか?朝や昼を抜いて摂取カロリーを落としたつもりでも、体は逆に働きます。あまり入って来ないエネルギーを蓄えようとしますから、よけい脂肪をため込むことになるんです。一日の食事量を3回ではなく、それ以上の回数に分けて食べた方が太りにくい、という話もありますから、人間の体はうまくできていますね(^^) それは現実にはちょっと難しいですが(^^;) ですから、ダイエットしてやせたいのなら、一日二食より三食をきっちりと食べるほうがやせやすいです。その上でカロリーの低いものを食べたり、量を腹八分目にしたり、という努力をすれば、少しずつ体重は落ちていきます。朝と昼を...
続きはコチラ

おやつも大事

ダイエット中だからと言っておやつを我慢しても、その反動で食べるのが止まらなくなったら、結局意味がないですよね。今までの努力が水の泡……。おやつは少なめに、カロリーの低いものを一口、二口程度なら、そんなに目くじらを立てることはないと思います。毎日食べたいのなら、かなりの自制心が必要になりそうですが(^^;)ちびちび食べるんじゃなく、しっかりと満足感のあるおやつを食べたい!ということなら、週に1回だけ、と決めて食べるのはいかがでしょうか?ケーキにコーヒーや紅茶を付けるなど。でも、コーヒーや紅茶に砂糖はナシで(^^) 砂糖を入れたいのならおやつの量を減らすか、和菓子や洋菓子などの砂糖の多いものではな...
続きはコチラ

運動を取り入れるための改善策は?

おやつを食べつつ(笑)、ちゃんとやせるにはやはり運動はさけられません。と言っても、ジムに通うなどという話ではなく、特に身構えて運動に取り組むのではなく、たんに日常生活に運動を取り入れていけばいい、という話です(^^)他のカテゴリーでも少しお話ししましたが、とにかく体を動かすことを意識すればいいのです。たとえば、駅前の百貨店に行った。目の前にはエスカレーターと階段がある。段数は結構多そうだ、面倒だ……(汗)。と思っても、そこは心意気で階段を選びましょう(笑)。その一歩がスリムへの道です♪他にも、電車で座席に座ってたら、電車の床にかかとをつけたまま、つま先だけをゆっくりと上げ下げする。それだけでふ...
続きはコチラ

コーヒーは役に立つ

どう役に立つんだとお思いでしょうが、これが結構、重宝するんです。コーヒーは意外とお腹がふくれます。食後に飲んでいると分かりにくいかもしれませんが。マグカップ1杯で十分満腹感があるんですよ。意外でしょ?お昼ご飯も過ぎてお腹がこなれた昼下がり……。小腹が空いてきたりしますねえ(笑)。何か食べたくなります、魔の時間ですな(^^;) そういう時にコーヒーを飲むと、あら不思議♪何だか食べたい気持ちがおさまったわ!もしも1杯では効果がない場合はおかわりしましょう(笑)。2杯も飲めばお腹がふくれます。それにコーヒーには脂肪を,燃焼する作用があるとかいう話を聞いたことがあります。噂によると、中国のウーロン茶と...
続きはコチラ

よく噛んで食べる

ダイエットの基本中の基本ですね。よく噛んで食べると早食いを防げますから、食べる量が自然と減ります。そして、よく噛むことで脳が刺激され、満腹中枢が働きます。つまり、食べ過ぎを防げるのです(^^)初めはなかなか難しいでしょうが、一口食べ物を口に入れたら、目をテーブルから離します。目がテーブルに向いていると食べ物が見えます。そしたら手が伸びます(笑)。そしたら食べ物が勝手に口に入ります(笑)。それを防ぐために、食べ物を口に入れたら、テレビを見るなり、家の中の壁のしみを数えてみたり、天井の汚れがいくつあるか数えてみたり、庭の木にいくつ実がついているか、やっぱり数えてみたり(笑)。そうして、次の一口を入...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る